Home

Vue Mastery を購読した

2019/05/25 ソフトウェア開発.

最近 Vue.js の勉強を始めた。 無料のビデオがわかりやすかったので、続けて有料課金した。

Vue Mastery | The Ultimate Learning Resource for Vue.js Developers

Vue.js って言うのはWEBアプリケーション用のフロントエンドのフレームワーク。

Vue.js 今までiOSアプリを作ってきたが「次はWEBアプリだ‼︎」と紆余曲折の後に思い立ち、勉強することに。 公式サイトから無料のビデオコース “Intro to Vie.js” を見つけてやってみたところ分かりやすかった。

Tabs - Intro to Vue.js | Vue Mastery 

英語ではあるがこのお兄さんがゆっくりとハッキリと話してくれる。

そもそもコード中心だし、アニメーションによる図解や話す内容がページにまとめられているから英語が聞き取れなくてもだいたいは分かる。 このコースでは一番シンプルなファイル構成で index.html、main.js の2つを一から書いて Vue.js の基本を学ぶ。最後にはこんな画面が出来上がる。

見よう見まねで自分の手元で実際に書いて動かすことを2回ほどやってみた。年のせいで覚えも悪くなったが、なんとなく Vue.js の考え方や書き方がわかってきた。以前少しかじった Reactに比べるとシンプルで分かりやすい印象。 チュートリアルが終わり次に “Real World Vue.js” に取り掛かった。

Optimizing your Editor - Real World Vue.js | Vue Mastery

チュートリアルから一歩進んで、vue-cli などのツールチェーンやエディタなど実際の開発で不可欠な環境周りの解説から始まった。エディタは VSCode を取り上げていて、Vue開発で役立つ lint系プラグイン、スニペット系プラグイン、など結構本格的に教えてくれる。メインのプラグイン Vetur は一時期話題になった Zen Coding(今は Emmetと言う)にも対応。これまで使った事が無かったので少々感動。これはいいな。 意気揚々と次の回 “Vue Router Basics” を見ようとしたらここからは有料となった。で、タイトルの通り課金した。

月額 $19、年払いなら2ヶ月分タダになって $190。1年は見ないだろうから月額支払いをクレカで申し込んだ(ちなみにVisaデビットは通らなかった)。 ここまでのビデオはよく考えられたカリキュラムで質が高いと感じていたので、料金はそこまで高くないと思った。加えて毎回 10分程度のビデオは隙間時間でも見られて取り組みやすい。日本語の書籍も最近は出回るようになったが、本よりもこっちの方が短い時間で効率的に学べそうだと考えた。 ———— 最終目的は WEBアプリの開発。ようやくそのスタート地点に立ったところではある。またまだ道のりは遠いが久々の新しい学びは楽しい。しばらくは楽しめそう。